【盗難体験談】知り合いにお金を盗まれた話(警察・返金・解決まで)

体験談

今回は私が知り合いにお金を盗まれた体験談です。

スポンサーリンク

事件概要

事件の経緯

知り合いが家に夜遊びに来る。(1Kのマンション)

夜だったので、私がうとうとしてしまい、寝てしまう。

数時間たった後、起きたら知り合いがいない。箪笥に入れていた通帳と、現金40万弱がなくなっていることに気付く。

財布の現金は残っていたのは、発覚を遅らせるためだったんだと思う。無言でいなくなっていたことに異変を感じ、家の中を調べてよかった…。

 

事件後は即警察へ

事件発覚後、即警察に連絡しました。この時は「110番」です。

警察が家にきて、事件の状況を聞いたり現場の写真・タンスの指紋などをとります。

警察署にいき、調書もとられました。何人かの写真がでてきて、「この中にその子はいますか?」という質問もされました。

ここで写真が出てくるということは、どうやら過去にも同じようなことをやっているたみたいですね。

 

実家に連絡したものの…

その知り合いの実家を調べ、連絡した所、

「子どもとは連絡を取っていないからわからない。被害届は好きにしてくれ」との連絡。

なので、遠慮なく被害届を提出。

しかし、連絡をとっていない筈の知り合いから、その後すぐ「お金はいつか必ず返すから被害届を下げてくれ」との連絡が入る。

恐らく、被害届は1度下げると再度出せないので、下げさせて逃げるつもりだったんだと思います。

被害届は、1度取り下げると同じ内容では出せません。このように、1度取り下げさせて事件をうやむやにする手口もありますので、取り下げる際は慎重に。

これ、知っててよかった…!(笑)

 

被害届の取り下げ条件

盗んだ現金・通帳をかえすこと。

現金は親御さんより振込で無事返ってきましたが、通帳はいつまでたっても返してくれないので取り下げませんでした。

 

スポンサーリンク

解決まで

通帳は返って来ていないけど現金は返ってきたし、私もその知り合いにお礼参りされたら困るしwで引っ越して事件のことはあまり考えなくなっていた頃(2年後くらいかな…)

急に警察から連絡が来ました。「犯人がつかまった」と。

 

上にも書きましたが、その期間は2年ほど。恐らく別件でつかまって、私の被害届の件も合わせて取り調べを受けたんんだと思います。

 

恐らくこんな小さな事件の被害届なので、捜査したりはしていなかったと思います。

今回は被害届の取り下げを条件にお金は返して貰いましたが、うまくやらないとお金すらちゃんと帰ってくるかは難しそうです…。(通帳はかえってきていません)

 

あ、その後は狭い街なので、一度ショッピングセンターで見かけました。すぐ逃げましたけど。(私が。)

 

スポンサーリンク

友達は選ばないといけない…

すごく反省したのはこのこと。

悲しいけど、友達は選ばないといけないですね。

1年ほどの付き合いで、信用しきっていました。私の今飼っている犬はその子きっかけで飼い始めたので、その子も犬に会いたいかな~なんて気軽に家に入れたのが間違いでした。

このSNS時代、友達は作りやすいですが…皆さんも気をつけてください。